TOP企業向けSDGs個別・応用研修 > SDGsは経営者の本気が大切!経営者のSDGs関わり方研修

SDGsは経営者の本気が大切!経営者のSDGs関わり方研修

〜SDGsは社員任せにしていると良い結果を得られません。経営者が本気になることが重要で、経営者の取り組み・関わり方によって、SDGsの成果が大きく変わります!〜

SDGsを社員任せにしていませんか?

SDGsは、経営の取り組みであり、経営者が積極的に関わらなければ、<仏作って魂入れず>になってしまいます。
一部の社員だけにSDGs取り組みの責任を任せてしまうと、権限がないため考案した取り組みを行えない、他の社員・部署の協力を得られない、取組内容が形式的な内容になりやすい、チャレンジできず無難な取り組みしか開始できない、途中で挫折しやすい、やる気が起きないなど、様々な問題が生じます。

その結果、SDGsの取り組みで得られる効果は限定的になったり、むしろ、何らメリットを得られない、意味のない取り組みになる可能性もあります。

そうならないためにも、SDGsの取り組みに対して、経営者が率先して、本気で取り組むことが大切です。経営者の本気の取り組みが、社員の皆さんに大きな刺激となり、結果的に、社会や環境に貢献し、しかも、大きなインパクトを与え、会社の価値を高めるようなSDGsの取り組みにつなげることができます。

SDGsは経営者の本気が大切!経営者のSDGs関わり方研修 詳細

タイトル:SDGsは経営者の本気が大切!経営者のSDGs関わり方研修
〜SDGsは社員任せにしていると良い結果を得られません。経営者が本気になることが重要で、経営者の取り組み・関わり方によって、SDGsの成果が大きく変わります!〜


研修時間:90-120分

研修内容:

SDGsは経営における重要な取り組みの一つ
・SDGsで得られるメリットは?
・担当者任せのSDGsの末路は?
・SDGsウォッシュにならないために
・SDGs経営を行うことが理想
SDGsは経営者の本気が大切!経営者のSDGs関わり方研修
・経営者が率先して関わることのメリット!
・経営者の本気の思いが社内全体に伝わる
・SDGs取り組み体制では、最低でも1名以上の経営者が関わること
・SDGsのミーティングに経営者も参加すること
・トップダウンも大事だが、ボトムアップで、社員の声を聞き出すこと
・常に、SDGsで会社の価値を高めることを意識することの大切さ
・SDGsで、どんな取り組みができるか?
・SDGsで、どんな関わりができるか?
・経営者が本気の思いを持ち続ければ、必ず、社会/環境に貢献し、経済的にもメリットを得られる

当研修について

SDGsは経営者が積極的に関わることで、中身の濃い取り組みを決定でき、社員の協力体制を得られ、社員のモチベーションを高めることもでき、しかも、SDGsで経営的なメリットを得られる可能性が大きく高まります。

当研修では、SDGsに会社で取り組む際、経営者がどのようにして関わると良いのか、その方法について、基礎から学べる研修となっております。

形式的ではなく、実質的にもメリットが得られる、良いSDGsの取り組みをされたい方には、オススメの研修となっております。


対象(企業向け)

  • SDGsで、意味のある取り組みをしたい方
    主に、経営者

当研修で得られる成果

  • SDGs取り組みにおける経営者の関わり方を学べる
  • SDGsを意味のある・価値のある取り組みにするための方法を学べる

講師

株式会社空心(くうしん)
代表取締役:荒井 幹也
プロフィールの詳細はこちら>>

当社の企業向けSDGs研修・コンサルティングの特徴の説明については下記ページをご参考ください。


費用については下記ページをご参考ください。

研修プログラムについてのお問い合わせは下記ページへよりお問い合わせください。

PAGE TOP